【ばり美味い!福岡馳走:1日目】


『ばり美味いもんが食べたい!』
そんな本能を剥き出しにして、弾丸で福岡は博多と糸島に行ってまいりました。
今回はそんな福岡美食紀行をお届け!

道中も美味いもん食べる!

成田発の便だったので、行きはスカイライナーに乗り、お腹も空いていたのでお弁当を!

・あさりご飯と鮭ハラスのお弁当

あさりご飯は香りがすごいのなんのって
鮭ハラスはトロトロのプリプリで
最高の出発です。

機内では機長さんがバスガイドばりに『左手に見えますのは日本一の山、富士山です。』と案内してくれて、そこにはすんばらしい景色が。

いつも見ている姿とは異なり、立体的でなんだか新鮮です。
テンション、上がって参りました。

そして到着!さっそく中洲の屋台へ!

中洲に着くと、川沿いに満開の桜があり、立ち並ぶ屋台とナイスコラボ。

どの屋台も美味しそうだったけど、ネーミング最優秀賞のここに決定!

『たっちゃん』

なんて素晴らしい名前なんだろう。
さすがのネーミングだからか、写真を撮ってる隙に満席になったので少し待ち、10分ほどで席に。
さっそく乾杯し、福岡一発目の美味いもんを頂きます!

・串6点盛り

福岡と言えばの明太子が、贅沢にも炙られ、たっぷりとつくねの上に。
ばり美味い。

・うなぎの蒲焼き

まさか屋台でうなぎの蒲焼きが食べられるなんて。
炭火で焼かれたたれの香ばしさがたまりません。
ばり美味い。

・とんこつラーメン

こちらも福岡の代名詞のひとつでしょう。
濃厚なスープはとろっとろで、一口飲めば染みわたる旨味。
ばり美味い。


すべて、ばり美味い。
幸せです。
美味しいものが食べられるって、幸せです。

あれもこれも美味すぎてもうお腹いpp・・・?

・・・何かが俺を呼んでいる。

・・・こ、この声は!?

海の幸が俺を呼んでいる!

と言うことで中州を後にし、声がする方へ進むと・・・

巡り会ってしまいました。

こちら!

・活ヤリイカ姿盛り

美しい。
透き通る身はプリップリのコリッコリで甘~~~~い!
(なつかしいですね。)
ばり美味い。


・ごまさば

海の幸に恵まれた福岡だからこその食べ方。
新鮮なさばの舌触りはしっとりとしていて、ごまだれの香ばしい甘さとの相性がグンバツです。
ばり美味い。

どちらもその日に水揚げされた超新鮮な海の幸。
最高、いや、最幸です。

そして福岡の明太子を使ったこちら!

・めんたいオムレツ

ふわとろの卵に包まれた明太子
(中の写真を撮るのを忘れました)
一粒一粒がプチプチして口の中で弾けます。
ピリッと辛いけど、しっかり美味い。
ばり美味い。

忘れちゃならない美食の友、酒

お腹も満足!酔いも回り!
最後の一杯は初めて飲む焼き芋の焼酎

・やきいも黒瀬

「あ、焼き芋だ。」
口から出た一言目は、そのまんまでした。
口いっぱいに広がるのは焼き芋の香ばしさと甘さ
それでいてしっかりとお酒の味を堪能できる焼酎です。
ばり美味い。

巡り会った際には是非飲んでみてください。

〆はやっぱりラーメンでしょ

さきほど屋台でスタンダードなとんこつラーメンを食べたので、今回は少しひねってこちら!

・辛味赤ラーメン

美味い!辛い!他に言うことない!笑
細麺にスープがしっかりと絡まり、お箸が止まりません。
とんこつの旨味と香りを消すことなく辛味が共存していて美味。
ばり美味い。

大満足の1日目

今日一日だけで何度「ばり美味い」と言ったのかは覚えてません。
数え切れません。

美味しいものを家族や仲間と一緒に食べられる幸せを改めて感じた一日で御座いました。

そんなわけで2日目の模様は次回!
じゃ!


山と山は出会えないが人と人は出会える。
そんな良いこと言ってみたい。

馳走屋
Shoping:https://chiso-ya.com
Facebook:https://www.facebook.com/chisouya/
Instagram:https://www.instagram.com/chiso_ya/

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK